非公開求人と公開求人の違い

薬剤師専門エージェントに登録すると非公開求人が手に入る

エージェントに登録して仕事の紹介を受けようと決断する理由の一つとして非公開求人を手に入れたいからというのは確かでしょう。
公開求人では見つけられない仕事が見つかる可能性があるのは確かであり、より自分が働きたい仕事につけるだろうと考えるものです。
自分がエージェントに登録した動機も正にそれであり、薬剤師として資格を持って働きたいてきたキャリアがあるからには、それを生かしてより良い待遇の職場で働けたら良いという気持ちで登録しました。
ただ、実際に登録して仕事の紹介を受けてみると必ずしも非公開だから良いというわけではないのがよくわかりました。
何度か公開と非公開の仕事の紹介を受けて、その詳細について話をしてみるとそもそも両者には大きな違いがあるということがわかったのです。
むしろ非公開になっているものは特殊であるという理解をした方が良いでしょう。
非公開になっているものは、基本的には病院や調剤薬局などが、具体的にこのような人材が欲しいという明確な目的を持っています。
採用したらこの仕事をどの程度以上のレベルですぐにこなせるかということも明らかにしてエージェント側に依頼が行われているようで、それに見合うようなキャリアがないと紹介すら受けられないでしょう。
それに加えて、その病院や調剤薬局などが求めている仕事内容をやりたいと思っている人にしか紹介がほとんどないのが実情です。

薬剤師専門エージェントに登録すると非公開求人が手に入る | 非公開求人は概して待遇が良い | ドラッグストアに転職しました