非公開求人と公開求人の違い

ドラッグストアに転職しました

薬剤師専門エージェントに登録すると非公開求人が手に入る | 非公開求人は概して待遇が良い | ドラッグストアに転職しました

自分の場合には病院薬剤師として働いていたため、その調剤のキャリアに着目されてドラッグストアの仕事も紹介されました。
しかし、その逆はということになると難しいのではないかというのが実情でしょう。
公開されている仕事の場合には、関連する業務での経験が浅くてもポテンシャル採用を行ってくれる可能性があると期待できます。
より多くの薬剤師に目を向けてもらうことができるからです。
自分は結局は公開されている仕事の中から紹介を受けて転職しましたが、病院薬剤師から高収入を目指せる仕事への転職を考えていたからというのが影響しています。
確かに非公開求人では転職時の待遇が良いのですぐに給料が高くなるのは明らかだったのですが、その後の給料の伸びが気にかかってしまいました。
そのため、ドラッグストアで管理職を目指すという選択肢をとって、公開されている仕事の中から選ぶことにしたのです。
管理職候補の非公開求人もあるという情報は教えてもらえているので、まずはドラッグストアで働いてキャリアを積み、昇進できなかった場合には再度転職をして管理職を目指すことも考慮しています。